読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりや と せかせかや

のんびり ゆっくり おうちと自分を整え中

気持ちの折り合い

 ・気分を上げるもの  ・CITTA手帳

 

言葉遣いのおかげで本質の行方がかわるときがある

 

何のために やるのでしょうか?

 何のために 手帳を使うのでしょうか?

  • スケジュール把握
  • こなすことリストの量、程度、優先度、優先順位の把握
  • ふと気になった(興味を引いた)ことの走り書き
  • 忘れてはいけないこと(忘れては困る、人に迷惑をかける)
  • 注意したいこと
  • テンションが上がる情報

 思考・きもちの整理をつけたい、記録として残していたい

 

   など希望がある。

 

希望があるのに講座を受けることで、使いづらくなったら

何のために講座を受けたの?と本末転倒を招く。

 

あな吉手帳もCITTA手帳でも同じ

気持ちに矛盾したものを感じたことがあります。

 

使い方にこだわる…

ワクワクにこだわる

 

でも自分を制御できない

ワクワクより 焦り焦りが目立ち出す

つらくきつくなってくる

 

だから 途中で

自分の使い方で使おうと決めました。

 

他人のワクワクと私のワクワクはジャンルが違うんだと

自他の境界を設けるとしました。

 

 

 

 

 

 こちらは私もおなじカテゴリーでした。

私もおなじような状況です。。。。

    ↓

    ↓

    ↓

    ↓

    ↓

 

【達成!】CITTA手帳のおかげで心地いい毎日になってきてます|心の声を大切に生きる☆CITTA手帳【三重・桑名】

 

こういったお手本を見ると、

自分もそうだったんだと思い出し、

動く気になりますね。

 

 

 

ワクワク重視で過ごしてみても

私にとって、それは

 

  ワクワク ≠ 現実逃避

やってみても現実逃避でしかないと気づく時がありました。

 

モノや時間に制御されるまで

やりたいことを本気で楽しくやれるのは、

片付いてるからこそでした。

 

片付けも好きなように、好きな時にすきなだけやれていました。

 

それがぴったり止まったんだよね。

 

 

計画立ててやろう

 

ガントチャートを使いだそう