読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりや と せかせかや

のんびり ゆっくり おうちと自分を整え中

気持ち新たに

手帳  ・ココロ 思考

 

 

最近手帳timeへの気分が薄れてるなぁと思っていた

 

 

ルーティンが整ってきて、

わざわざ手帳を見ることもあまりなくなってきていた。

 

 

未だにワクワクってのが私には違和感があって

それ欲してないからとかたくなに

リストは使えてない

 

ワクワクではなく 欲する気分リストだといいのかもと思う

 

3月はなにがしかに書きなおして使おうと思います。

 

 

私は

平穏に暮らせたらそれでいい

刺激は少ない日々だけど 

体調が崩れず、 自宅のベッドとトイレが利用できる生活でいられたら

 

今のところは幸せかと思うよ

 

わざわざ どこかへ出かけたり 買ったり 味わったりって

求めない

 

欲する欲はべつのところにある

 

なんなんかわからんけどな

 

 

主語がよくわからないから

勘違いを起こしやすいところがあるとも思う

 

例えば

食べることがすきなんだけど

太るのは嫌いだし

食べるのは好きだけど

食べ過ぎるのは好きじゃない

苦しくなるから

 

かといってずっと食べていたい欲はある

 

そして食べれたとしても

食べた時の嬉しさは長続きしないのに

なぜ食べることが好きなのかもわからん

 

食べることのなにがいいのかわからん

 

だったら

噛んで味わうだけで

出して体に取り込まなければ 

 

 

 

 

 

 

  はたして 私は幸せなんだろうかな

 

 

 

んー 手帳とはかけ離れた内容になってきたね

 

 

 

でも

手帳を昨日見直していた中 行き着いた考えでした

 

CITTAの

ワクワクリストは使っていません

 ワクワクリストを書いてる自分がワクワクしないから

 

 

だけど

使っていた頃に書いていた理想は

叶っていることに気づきました。

 

私は

何かをすることにワクワクするのでなく

居心地がよくなればいい っていうのが目的だった

 

 それとはつまりというか

居心地がよくなるためのルーティンを徹底的に守ることでしかなかったんじゃい

 

 

 

只今

出かけることより おうちにいたいと思えるから

よく叶ってきたんだとわかった

 

 

2016手帳に

ワクワクリストではなく

逆に

 

 こんな状態はイヤだリストを書いていました。

 

 

それらがだいぶ解消されてきたり、

ブレそうになっても 数日でリセットできる

私であり、仕組みを作れました。

 

 

 

 

だから

ある人に いいことだけど

手伝えることが減って淋しいなと言われてしまいましたが 

    

      ね (´∀`*)

寂しくさせたけど 逆にうれしかったよ

 

 

 

私の生活環境やクセ直しがうまくいったことと

その方々との人間関係ができてきたということであろうからね

 

目を合わせない 笑いもしなかったみたいだけど

「気づいてないかもしれないけど表情出てますよ」とか

「嬉しそうにしてますよ」と言われることがあると

自分ではわかりづらいけど

私安心してるんだなぁって気付かされます

 

 

 

  まだまだおうち整備は続くのですが

今は これまでの自分の奮闘や周囲の協力に感謝と労いの気持ちでいっぱいだい